PC導入からリプレースまでのライフサイクルをワンストップでサポート

データ消去

  • データ消去証明書即時発行
  • 1台からでも作業可能
  • 物理破砕、磁気消去も対応可能
    ※ハードディスクの磁気消去を実施された場合、再利用不可となりますのでご注意下さい。

対象機器

  • パソコン
  • サーバ
  • ハードディスク
  • NAS
  • SAN
  • SSD
  • スマートデバイス
  • タブレット
  • 磁気メディア(LTO,DAT等)
  • 光学メディア(CD,DVD,Blu-ray等)
  • フロッピーディスク
  • SDカード
  • USBメモリ
  • コンパクトフラッシュカード

※対応可能な消去方法はメディアによって異なります

消去方法について

①米国国防省準拠によるデータの上書きを行うソフトウェア消去

②油圧によりHDDの磁性体プラッタへ4箇所の穿孔を行う物理破壊

③磁性体に強力な磁界を照射する磁気消去800kA/m(約10,000 Oe相当)

「データ消去証明書」の発行

企業様にも安心して当サービスをご利用していただくため、データ消去作業後は 「データ消去証明書」を発行しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

作業方法

オンサイト方式

サービスエンジニアがお客様先に出張してデータ消去作業を行います。

作業料金について

消去方法対応機器対応インターフェイスドライブの
再利用
料金
①ソフトウェアによる消去 ハードディスク
SSD
IDE(E-IDE・パラレルATA)
シリアルATA
SCSI
可能 1台 2,500円
②圧力破壊機による
物理的な破壊
破壊方法(4箇所穿孔作業)
ハードディスク
SSD
すべて対応 不可能
③磁気消去 ハードディスク すべて対応 不可能
複合方式(A)
①ソフト消去+
②物理的破壊
ハードディスク
SSD
IDE(E-IDE・パラレルATA)
シリアルATA
SCSI
不可能 1台 4,000円 
複合方式(B)
①ソフト消去+
③磁気消去
ハードディスク IDE(E-IDE・パラレルATA)
シリアルATA
SCSI
不可能

※ハードディスク故障などの原因により、ソフトウエア消去が完了できない場合でも、消去ソフトのライセンス使用料金として1,000円がかかります。但し、物理破壊作業への変更をご希望された場合はライセンス使用料金を頂きません。
※Macの作業に関しては事前にご相談下さい。